AutoCAD基本操作から、知っていると10倍便利になる実践的な使い方を紹介

AutoCAD徹底活用術

使えるAutoCAD LT2000i AutoCAD LT2005 AutoCAD2006 AutoCAD LT2008攻略
誰でもはじめは悩むもの、画像付きの手順で基本から実務的な技まで分かりやすく紹介

Home>基本のき>基本設定:印刷スタイルテーブルエディタ


Google
 

[PR]現役モデルのNAOちゃんと学ぶ、【Shade建築パース制作講座forShade10】



設計図面の印刷のときは線に太さをあたえなければいけません。その線の太さは色によって決められているのです。
前回からの続きです。印刷スタイルの設定の仕方を紹介します。


前回で印刷スタイルの設定でテーブルを一つ作りました。
今回はそのテーブルにさらに細かい設定をしていきましょう。



印刷スタイルテーブルエディタ


ではこの場面から続けていきたいと思います。。

印刷スタイルテーブルエディタ



みやすくなるようにテーブル表示タブをクリックしました。

印刷スタイルテーブルエディタテーブル表示タブを選択



まずは印刷したときの色ですが、プロッターでは白黒表示になるので、黒を選択します。
カラー表示のできるプロッターならそのままの「オブジェクトの色を使用」にしていればカラーでも印刷できます。



右クリックでメニューを表示させ「すべてのスタイル適用」を選択するとすべての黒で設定されます。



どこまでいっても黒になっています。



そして、印刷スタイルの設定でもっとも大切なのが、線の太さの設定です。
この設定度それぞれの色の線の太さを割り当てていきます。

線の太さを選択

線の太さがプルダウンメニューで表示されます。
希望の太さを選択します。



とりあえず私は
赤→0.1、黄色→0.15、緑色→0.25、水色→0.35、青色→0.5、紫色→0.7
と設定しました。



あとは「保存」をクリック、そして「完了」です。

新しいテーブルが追加された

新しいテーブルが追加されているのが確認できます。



テーブルの編集が必要になるときはここをクリックすると、印刷スタイルテーブルエディタが表示されます。



どの色の線をどのくらいの太さで表示するかは会社によって違うこともあるようです。
私のお付き合いのある会社でも赤を0.1にしているところもあれば、他の会社では赤を0.25と設定しているところもあります。



線の太さは作図前に確認をとって行ったほうが良いでしょう。
印刷テーブル自体一つのデータとして取り扱いができます。
データとして受け取った印刷テーブルを追加してみましょう。





ホームページのトップへ
次へ→印刷スタイルテーブルを追加


更新履歴サイトマップ

AutoCAD基本の"き"

AutoCADの独学方法

AutoCADの縮尺

レイヤを学ぶ

基本設定

作図ウィンドウの色を設定

クロスヘアカーソルを設定

ピックボックスサイズを設定

右クリックを設定

自動保存を設定

データを修復する

クイック引出線の設定

オブジェクトスナップの設定

作図補助の設定(Oスナップ)

印刷スタイルの設定

印刷スタイルテーブルエディタ

印刷スタイルテーブルを追加

基本操作

図の選択左から右から

線分が重なってしまったときは

選択した図形を解除する(1)

選択した図形を解除する(2)

一つ前の操作に戻る

基本的なコマンド

アイコンの違いを見てみよう

線を描く

いろいろな図形
楕円楕円を使った円弧
四角形多角形
雲マーク
ポリラインを利用した図形

コピー

オフセット

移動

回転

鏡像

ストレッチ

削除

尺度変更

トリム

面取り

フィレット

クリップボードへコピー

AutoCAD徹底活用術

面積計算

電話コードの様なシンボル

サイト紹介

当サイトは

管理人プロフィール

cad使用履歴

私のcadをご紹介

問い合わせ


□■〜ネット情報〜■□

CAD資格取得

CAD利用技術者資格試験

・・・

快適職場生活

職場で使える健康グッズ

職場をいろどる面白グッズ

職場をいっそう快適に便利グッス

お茶の間検診キット

inserted by FC2 system